ディフィート・ライトニング 情報


ストーリー

 遥かなる未来、繁栄と衰退を繰り返し人類は国境のない平和な世界を手に入れていた。
統合管理体制「カーム」は、悪化していく自然環境を取り戻すべく、多くの交通手段に使われていたガソリン機関の使用を廃止する方向で規制を始めた。
 各メーカーは、ガソリンに替わる動力機関「HAD(Hypostasis Alter Drive)」と、それを搭載した新たな交通手段を開発発表。従来のものより軽量化とスピードアップを図ったマシンは『ビークル』と呼ばれ、現行の工作作業用マシン『ワーカー』をモデルにした、コンパクト型の人型の乗り物を作り上げた。
 それにともない各メーカーは、技術向上と自社製品のPRを兼ねた、ビークルの能力をアピールできる新たなモータースポーツ「サイボール」を考案し、広告展開をはじめたのである。
 各種メディアを通じて中継された迫力あるレースシーンは、見る者の心をとらえ、少しずつ民衆を魅了していくのであった。

 そう、あの事件が起こるまでは。

 技術開発が絶頂を極めようとしたある日、メーカーの一つである「ジークテリア財団」の研究所が、新型HADの最高速テスト実験中原因不明の爆発事故を起こしてしまい、研究所員全員が死亡してしまう惨劇が起きてしまった。

 前々から疑問視されていた暴走する技術競争と、レース格闘の危険性が疑われていたため、この事故を深刻に受けとめた各メーカーは、民衆の熱い声には応えられずサイボールの中止を決定した。 

「あの興奮をもう一度・・・ 。」サイボールが人々に与えた影響は大きく、刺激を求めた人達の手により、小規模、分散し、絶える事なく存続した。必然的に各地のチャンピオンが誕生し、競い合う者や民衆は「最強」の称号を求めはじめたのであった。

 聖央歴32年、サイボールの本家ともいえるジークテリア財団は、この民衆の熱き思いを受け、真の勝者を決めるために立ち上がったのである。サイボールに関する全ての施設をジークテリア財団で一手に請け負い、復活させたのである。世界統一ルールによるチャンピオンを決定するために。

 こうして、一般参加を募り再び開催されたサイボールは、エンジン規格「HAD」を使って『ハッドサーカス』と名を変して、再びバトルを開始した。

 果たしてハッドサーカスの頂点を極めるのは誰なのか?


技術体系

「H.A.D」--------
 Hypostasis Alter Driveと呼称される超未来のエンジンがビークルの主動力となる。
この時代、ついに旧世紀の化石燃料が限界に達してしまう。
新たなエネルギーとして、たくさんの候補の中から Hypostasis Alter Drive が選択された。
主な理由はエネルギーソースとして「水」を利用する事に成功した事が大きいと言われている。

「VGF−Unit」--------
 Verable G Force−Unit、重力場偏向装置。「空飛ぶ車」この時代さえまだ夢であった。
しかし、前述したH.A.DとVGF−Unitを利用する事により重力を消し去る事は出来ないが、
重力場の向きを変える事は可能になった。
よってVGF−Unitは車両の背面などに配置し、ビークルを浮遊させる事に成功させた。

「Teilchen Jet engin」-----
ビークルのブーストに使用されてる、ジェットエンジンである。「H.A.D」とは完全に別動力となる。
素粒子を噴射させる事により推力を得る。
なお、連続使用時間、エネルギーチャージ時間に問題を残している。

遊び方 

DEFEAT LIGHTNING画面1 DEFEAT LIGHTNING画面2 DEFEAT LIGHTNING画面3 DEFEAT LIGHTNING画面4
 スピード感あるレースと、ド迫力のロボット格闘が融合した、全く新しいタイプのゲーム、「DEFEAT LIGHTNING」。
あなたは、ガソリンに変わり水を燃料として使用する動力機関「HAD」を搭載した人型ロボット「ビークル」を操り、
レース格闘「ハッドサーカス」であくなき熱戦を繰り広げます。
 ゲームの舞台となるのは、世界統一をなしえた平和な世界「聖央32年」の「ハッドサーカス・リーグ戦」。
世界統一ルールに乗っ取り、高低差1000メートルもの急激な変化を見せるコースを優勝目指して疾走します。
 目的は、ただ一つ。
決められたチェックポイントの区間を、得点に結びつく「ボール」を維持したままで駆け抜けること。
そして、誰よりも速く走ること。総勢20人のライバルが、ボールを狙い襲いかかります。
ライバルの操る「ビークル」にボールを奪われたら、すぐさま攻撃に転じて奪い返す。
単純にコースを周回するレースゲームとは違い、ライバル機との格闘を巡る駆け引きが熱い興奮をもたらします!
 ゲームは、「ストーリーモード(本編)」の他に、ランキングを競い合ってもらうためのトレーニングモードを3タイプ用意。
コースをいかに速く走るかを競い合う「タイムアタック(予選トレーニングモード)」。
実際のレースのシチュエーションを自由に設定してシミュレーションできる「ハッドサーカス(本戦トレーニングモード)」。
コース上に次々と現れる「クラッシュ・ターゲット」をひたすら撃破し続ける「クラッシュカーニバル(アタックトレーニングモード)」。
 さあ、あなたは激しい戦いに勝ち抜いて、見事優勝を手にすることができるのか? それとも、破れてコースの塵と化すのか?

メイン メニュー

ゲームを起動して、タイトル画面が表示されているときに、スタートボタンを押すと「メインメニュー画面になります。
ここでは、次の4つのモードを選択することができます。
STORY(ストーリーモード) 6人のキャラクターから1人を選択し、物語を進めていくモードです。
TRAINING(トレーニングモード) 6人(隠しキャラあり。全20キャラ)のキャラクターから1人を選択し、
物語を進めていくモードです。
RANKING(ランキングモード) 各モードでプレイ中にだしたハイスコアやレコードを一括して見るモードです。
OPTION(オプションモード) ゲームデータのセーブ/ロードや、ゲーム環境を設定するためのモードです。

操作方法

アクセル(×ボタン) 機体を前進させます。
ブレーキ(△ボタン) 瞬時に減速して機体を停止させます。
ブースト(○ボタン) MAX SPEEDを超える急加速をします。一度使用するとオーバーヒートしてしまい、
再び使用できるようになるまでには若干時間がかかります。
ビークルの左(右)の旋回
(方向キー左(右))
機体を左(右)に回転させて、進行方向を変えます。
ビークルの左(右)の重心移動
(L1(R1)ボタン)
機体の向きを変えずに、左(右)に平行移動します。
前方遠距離攻撃予備動作
(方向キー上)
「近距離左(右)攻撃ボタン」と併用することで「前方遠距離攻撃」が出せます。
前方遠距離攻撃(□ボタン) 前方に伸びるような攻撃を繰り出します。ヒットすると敵機は吹き飛んで転倒します。
また、敵機からポールを奪い取ることもできます。
近距離左(右)攻撃
(L2(R2)ボタン)
機体のアーム(腕)を振り回し攻撃します。
ヒットすると敵機はよろけてスピードダウンします。
また、敵からポールを奪うことができます。
急旋回
(左(右)旋回+左(右)重心移動)
同方向の旋回ボタンと重心移動ボタンが同時に押されているとき、
素早い「旋回」をおこなうことができます。
サイドダッシュ
(左(右)重心移動×2)
同方向の重心ボタンを素早く二度押すことで、真横に高速移動攻撃を繰りだせます。
敵機にダメージを与えたり、敵機からボールを奪い取ることができます。
「サイドダッシュ」中に反対方向の重心移動ボタンを押すことでキャンセル可能です。
ソニックフィールド
(左右近距離攻撃の同時押し)
ボールを持っている状態で、左右の近距離攻撃ボタンを同時に押すと、
自機を中心としたバリアを発生させます。
一回発生させるごとに、自機の耐久力が減少しますが、
どんな攻撃からも自機を守ります。
耐久力が少ないと発生させることができません。

ストーリーモード

 6人の個性豊かな主人公が、それぞれの思いを胸に史上最大のビーグルレース『H.A.D.CIRCUS』に参戦します。あなたは全5リーグを勝ち上がり、並み居る強豪たちを相手にみごと優勝を勝ち取ることができるでしょうか?
 レースは、4人のキャラクターで順位を競い合います。予選と本選があり、予選のタイムにより本選のスタート順位が決まります。本選では、制限時間3分のあいだに得た得点により順位が決まります。
 そして、本戦では「BORDER RANK」が設定されていて、各リーグ毎に規定の順位以上の成績をおさめなければ、次のリーグに進むことができません。
予選 好タイムをだすことにより、本戦でのスタート順位があがります。コース内にはいくつかのパワーターゲットが設置されています。パワーターゲットを攻撃しながらタイムアタックをしてください。
パワーターゲットを破壊すると、最速ラップをだした周で破壊した個数×5点が本線の初期得点に加算されます。
予選順位による本戦初期得点 1位 +100
2位 + 50
3位    0
4位 − 50
本戦 勝敗は、制限時間3分のあいだに得点をどれだけ得られたか、もしくは最後まで破壊されずに生き残った者が勝者になります。得点は、チックポイント通過時やポールの奪い合いによって発生します。
本戦終了後の得点が同点だった場合には、予選順位の高い方が上位にランクされます。
得点方法 スタートチェックポイント通過 1位+60 2位+45 3位+30 4位+15
チェックポイント通過 1位+20 2位+15 3位+10 4位+5
ノーダメージ(アーム)の場合チェックポイントで+20、スタートチェックポイントで+40のボーナスが加算されます。
ポールをチェックポイントまで運ぶ +100
チェックポイントのポールを取る +20
攻撃してポールを奪う +50
攻撃してポールを奪う +100
減点 自機のアーム破壊 −100
ポールを持っていない敵機への攻撃 −5
敵機にポールを奪われる −30
自機がポールを持っている間は近距離攻撃及び前方遠距離攻撃ができません。
そのかわりソニックフィールドを発生させることができます。
攻撃を受けたり、ハードルや壁に激突すると、アーム・ゲージ及びボディ・ゲージが減少します。
基本的には、アームが大半のダメージを吸収し余波をボディが受けますが、アームが壊れた状態では、ポディへ直接ダメージを受けてしまい大ダメージとなってしまいます。
ボディへのダメージが蓄積されて耐久力がなくなってしまうと、自機は爆発炎上してゲームオーバーとなります。
減ったアーム・ゲージは、チェックポイントを通過することで少し回復します。また、破壊されたアームも、チェックポイントを通過することで完全修復します。なお、ボディへのダメージは本戦終了まで回復しません。

トレーニングモード

「ストーリーモード」で使用されているコースを、いろいろな設定で練習できるモードです。
TIME ATTACK、H.A.D.CIRCUS、CRUSH CARNIVALの3つのトレーニングモードがあります。
練習するキャラクターとコースをを選択します。また、モードに応じで敵キャラクタ、敵機体数なども選択します。
TIME ATTACK
(予選トレーニングモード)
好きなコースを選択してラップタイムを計測するモードです。
各コース上の仕掛けやパワーターゲットの配置は予選とまったく同じなので、クリアできないリーグがある場合には、このモードで練習できます。
H.A.D.CIRCUS
(本戦トレーニングモード)
コース、自機、敵機を自由に選択して、ストーリーモードの本戦と同様のルールでハイスコアを競うモードです。タイムリミットをすぎると、ゲーム終了になります。制限時間やゲーム中の得点等はストーリーのルールと変わりありませんが、ゲーム開始時の初期得点が全員一律「150」となっており、プレーヤーのスタート位置は最後尾からとなります。
CRUSH CARNIVAL
(アタックトレーニングモード)
コース上に次々と現れる「クラッシュ・ターゲット」を撃破して、全て破壊するまでにかかった時間を計測するモードです。
「クラッシュ・ターゲット」は攻撃を一切行わず、ただひたすらコースを順方向に逃走します。プレーヤーは、「ソニックフィールド」以外の全ての攻撃をおこなえますので、できるだけ速いタイムで全機破壊してください。全ての「クラッシュ・ターゲット」を破壊した時点で、敵機一機毎の破壊に費やしたクラッシュ・タイム及び全機体破壊までのトータルタイムが表示され、ゲーム終了となります。


ゲーム情報へ